ハンガリー出身、リスト音楽院でフランツ・ハラースに師事、25歳で同院史上最年少の講師として起用される。他にシャンドール・ヴェーグ、ルッジェーロ・リッチ、ロラーン・


フェニベシュにも師事。


ハンガリーラジオコンクール第1位、フバイコンクール第1位、シベリウス国際ヴァイオリンコンクール第3位。ハンガリー政府よりリスト賞、バルトーク賞受賞。1988年には


ゲオルグ・ショルティによりロンドンに招かれ、バルトークのヴァイオリン協奏曲第2番を演奏。1996年よりHUNGAROTON の専属アーティストとなり、これまでに56枚の


CD、CDVをリリース。フランス・カンヌで行なわれている『MIDEM』(国際音楽産業見本市)において、世界中から寄せられた1000枚を越えるCDの中からドホナーニのヴ


ァイオリン協奏曲とバルトークのヴァイオリン・ソナタが入賞。


現在、リスト音楽院ヴァイオリン科主任教授として後進の指導にあたる。自国ハンガリーの他に、オーストリア、フィンランド、日本、シンガポールを初め欧米十数か国以上


でコンサートやマスターコースを精力的に行っている。愛器は1777年イタリア製クレモナ・ラレンティウス・ストリオーニ。